教室内のライブ映像!
A教室
教室内のライブ映像!
B教室
教室内のライブ映像!
C教室
教室内のライブ映像!
キッズ・スペース
梨ゼミHPのトップページ全教室内のライブ映像(動画・静止画)最近の連絡物 要チェック!各教科で出された宿題です。忘れちゃダメだよ!現在各授業で行われている内容、アドバイス、お願いなどご家庭への連絡のコーナー!毎週土曜日更新中!塾生の定期テスト結果、誕生日、催事の写真や作文などをご紹介!現役塾生のお休みやご要望などのご連絡に!講師たちの独り言 時には真面目に時には不真面目に…カレンダー形式の月間予定表ご旅行など、長期の予定のご確認に…入会のご案内やアクセス地図、スタディポイント制度のご説明など主要ティーチングスタッフの自己紹介新規入会のお申込みやお問い合せに!
Sorry, this website is in Japanese only.


     
 
 
     

     
 
週刊かもみさ通信♪vol.8
2008/04/12

新小学1年生、新中学1年生の皆様、ご入学おめでとうございます。(^-^)

真新しい制服を着た我が子を見て、保護者の皆様は、どんな事をお思いでしょうか?
やっとここまで育ってくれた…
あっという間にここまで大きくなってしまった…
思いは様々だと思われますが、我が子の成長は、とても微笑ましく嬉しい反面、なんだかちょっぴり寂しい気がするのは、私だけでしょうか!?
私、かもみさは、近頃、小学生の塾生で、我が子より年上の子を見ると、
「こんな風に育っていくのかな…」
と、 ワクワクo(^o^)o
また、我が子より年下の子を見ると、
「こんな頃もあったなぁー」
などと、思いを馳せる毎日なのであります。(^^ゞ

また、中学生の塾生を見ると、血気盛んだった自分の青春時代が思い出されます。(ちなみに!今がしょぼくれてるわけじゃーございません!念のため。(^^ゞ)
そして、何よりも、青春時代を共に過ごした友の事を想うのです。

小学生というものは、年齢、性別、学校に関係なく、すぐに仲良くできるようで、子供とは本当に素晴らしいものです。(^-^) 
しかしながら、大きくなって年頃になるにつれ、少しずつ何かが変わっていくのか、なかなかそうもいかなくなっていくものです。しかし、私自身、大人になってみて切に感じることは、この青春時代に一緒に過ごした友というのは、いつまでも思い出の宝箱に残っている!ということです。例え、何年会っていなくても…思い出は色あせることはございません。

15年前、梨ゼミで共に勉強に励んだ友とは、風の噂で現況は耳にしているものの、実際には、軽く10年以上は会う機会がないまま、現在に至っておりますが、どこかで出逢う事ができたとしたら…きっと、時が経ってるのが嘘のように、笑って話ができる事だと思います。また、そんな風に思える友達を作れたことは、幸せだ!と自負しております♪

しかし、決して、梨ゼミ生時代に、仲良しこよしだったわけではないのです。
私が入塾したのは、中学3年生の夏前頃で、既に在籍中の生徒さんからは、大幅な進度の遅れをとっていました。(>_<)
特に苦手だった英語は散々なものでした。(T_T)
学校では、そこそこ、それなりの成績だった私にとって、「井の中の蛙」、カルチャーショックもいいとこで、おまけに、指されて答えられない時の、皆の冷たい目…私のプライドは、情けなくも、音を立てて崩れて落ちていったのであります。
今でこそ、あまりお見掛けすることはないのですが…当時の土屋先生は、今以上に熱血で、答えられない塾生がいれば、ガッチリ説教!しかも、みんなも一緒に!答えがわかる塾生にとって、迷惑この上ない限りでございました。(^^ゞ
ねっ!藤田先生!(藤田先生も当時のご様子はとってもよくご存知です♪)
そんな、こんなで、私が皆に追いつくまでの期間、何度とばっちりを受けた学友がいたことか…。
それなのに、必死で補習を受けて追いつこうとする私を、励まし、応援してくれていました。ウルウル(;_;)
おかげで、なんとか脱落せずに、皆に追いつくことができました。
しかし、励ましてくれるばかりではありませんでした。私が、気を抜いていれば、「何やってんだよ!」と、お叱りを受けることもあったり、逆に、成績が下がった学友には、「しっかりしなよ!」と、叱咤激励することもありました。
(その結果、当時の英語のクラス平均は学力テストでも80点以上、偏差値も平均で60を楽に超えていました!)
『切磋琢磨』
この言葉が、何よりも、私たちの友達付き合いには不可欠だったように思えます。
そんな、戦友(?)たちも、ある人は、一流ホテルマン、またある人は、教師…と、自分の道を見付けて頑張っているようです。
今、私が梨ゼミで働いていると耳にした時!彼らは、どんな反応を示すのでしょうか?…とても楽しみであります。(^-^)

勉強というものは、孤独なものです。しかし、だからこそ、孤独と戦っている友を見て、自分も頑張れるものなのではないでしょうか?
梨ゼミの塾生の皆さんにも、大人になった時、思い出の宝箱の片隅に、ほんの少しでも残る、梨ゼミでの時を刻んでいってもらいたい!そう願う私であります♪

本日のかもみさは、シリアスモードではございましたが、いかがでございましたでしょうか!?
お笑い部長秘書の私は、上司の視線が痛いですぅ(>_<)  (もちろん上司とは、教務部長兼お笑い課部長の岡田先生であります。(^^ゞ)
でも!たまには、「シリアスかもみさ」も"おつ"(?)ですよね♪  なんちゃって♪ d(⌒o⌒)b♪

では、では、今週のかもみさ通信はこの辺で、おいとましとうございまする。(^-^) また来週お会いしましょう☆ さようなら〜(^-^)/

 
     


     
 
週刊かもみさ通信♪vol.7
2008/04/05

春休み最後の週末がやってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?(^o^)
桜の花もそろそろ見頃を過ぎ、はらはらと春風に乗って、花弁が雪のように舞っております。
それに合わせたかのように、塾周辺にもたくさんある「梨香台」と呼ばれる所以の梨畑では、乳白色の梨の花が、今度は満開を迎えています♪

ところで皆さま、もうお花見はお済みですか?
わたくし、かもみさは先週の日曜日にサッサとお花見を終えてしまったしだいであります。(^.^)
しかしながら、先週の日曜日といえば天候があまりよろしくなく、予想以上の寒さで、ビールのおいしさも半減でした。(T_T)

思い返してみると、中学卒業式、成人式は大雪。旅行などの行事はもちろんのこと、洗車をすれば雨…ということは、日常茶飯事でありまして、わたくしの人生、肝心な時には、お天と様はヘソを曲げてしまうようでございます(^^ゞ
そんなかもみさではございますが、持ち前の明るさと、どこまでもポジティブ・シンキングな性格のおかけで、元気に過ごせております。V(^0^)
というわけで、(どんなわけでしょうかね?(^^ゞ) 本日も張り切ってまいりましょう♪

梨ゼミでは、今週より、約15年振り(!)に「特待生制度」が再開されました!(詳しくはHPでV(^0^))
その15年以上前、この栄えある称号を獲得した初代特待生は…?
何を隠そう、皆様もご存知の藤田先生なんです。o(^o^)oワォ!
当時の藤田先生のがんばりといえば!本当にすごかったんです!なにせ、高校受験2週間前の時点で、合格圏外だった志望校…
周囲の猛反対の中、毎日夜中まで死ぬ気で勉強して、見事合格を果たしたのです!今でも奇跡の男として、梨ゼミに君臨しております(たぶん(^^ゞ)

とはいえ、成績とは、ただただやれば伸びるというわけではなく、自分に合った、効率の良い勉強法というのが大事なわけですが…
長時間勉強するのは、もちろん大変なのですが…
どんな方法があるのか!?
これを見付けるのが、これまた難しいのであります。(>_<)
そこで!わたくしかもみさが、(勝手に)一肌脱ぎまして、勉学の大先輩である、我が梨ゼミの先生方の突撃取材にいってまいりました!

いざ!出陣!
「土屋先生!突撃取材です☆」

_ρ(^^ )/ …((((((^_^;)  もともとお出来になるようで、あまり参考になりませんでした。
だって…「勉強できた方がかっこいいじゃん」っていわれても…(‥;)

でも!それも大事な事です♪良い意味での「プライド」を持つと言うことは、受験だけではなく、人生をまっとうに生きていく上での核となるものではないでしょうか!?
さすが土屋先生!学習方法はさておき、人生の勉強法を教えてくれたのですね♪

土屋先生には内緒なのですが…
ここだけの話…
岡田先生説によると、土屋先生は勉強しない代わり辞書を食べていた…と言っておりました(^^ゞ、が、定かではないので、聞かなかった事にしまーす♪
(『食べてないっ!!』by土屋)

では、次に、岡田先生に突撃取材です!
「とにかく書く。これに限る!」
だそうです。(^-^)/
見て憶えるというのは、その場でできたとしても、それは記憶の継続にはつながりません。前にやったことを忘れてしまっては、努力も水の泡。
そうならないためにも、書いて、書いて、書きまくって憶える事!めんどくさっがってはいけません! 
そして、シャープペンではなく、ボールペンで書く事!  
と言うのは、シャープペンは、途中で折れたり、芯を出したりする、その時間がもったいないからだそうで…
なるほど、そのとおりですよね! また、ボールペンというのは、インクの減り具合で、勉強度合いが目に見えてわかります。赤ペンなどでインクのところに印でもつけておけば、
自分を励ます良い材料にもなるのではないでしょうか!?
岡田先生も、そうやって、勉強と戦ってきたのですね♪
岡田先生、ありがとうございました!(^o^)

今週の突撃取材は時間切れでここまでとなってしいまいましたが、これからも、密かに…いや、おおっぴらに続けて行きますので、次回をお楽しみに(^-^)/
「それ行け!突撃取材!かもみさが行く!」をお送りしました♪

…ん?あれっ?何か違う(‥;)
あっ!!(^^;)ゞイヤー
最後の最後でかっこ良く終われないかもみさなのでありますが、そこはひとつご愛敬ということで…♪
では、改めまして…
来週の「かもみさ通信」をお楽しみに!
皆様、ごきげんよう(^-^)/

 
     


     
 
週刊かもみさ通信♪vol.6
2008/03/29

こんにちわ〜♪今週も、かもみさ通信へようこそ!(^-^)/
春ですねぇ〜♪
この辺の桜の木々も見事に花開き、思わずニコニコしてしまいます♪(*^^*)
でも、日中と夜間の寒暖差も激しく、とても変わりやすい気候ですので、皆様気を付けて下さいね。
私、かもみさは、にっくき「花粉」にやられております。_(++)/
梨ゼミでは全教室内に空気清浄機が設置されているので大丈夫なのですが、自宅に戻ると…(T.T)
パソコンの横のティッシュがみるみると、その横にあるゴミ箱へと移動しているしだいでございます。(^^ゞ
そんな「花粉」に苦しんでいる皆様!4月上旬には収まってくるようなので、もうしばしの辛抱でございます。(×_×;)

花粉には苦しんでいるものの、やっぱり春の到来とは心弾むものでして、子供たちの送迎が、なお一層楽しい今日このごろでございます。
「先生は、仕事してて、どんな時が一番楽しい?」
と、ある小学生の塾生に聞かれたのですが、
「送迎中!!」
と、即答でした! d(⌒o⌒)b

私にとって送迎とは、塾生の皆さんの大事なコミュニケーションの場でもあります。
授業中にできない話は、もちろん!授業を受け持ってない生徒さんとも他愛のない話で盛り上がれる事は、この上無い幸せでございます(^o^)
そして、もう一つ、とても幸せを感じる瞬間があるのですが、その瞬間についてお話ししたいと思います。

送迎で使うルートは、塾生の皆さんたちも良く通る道なので(当然ですが…)、塾のない日でも、あちこちで皆さんに出くわします。
出くわした塾生達は、送迎車を見付けると、元気に手を振ってくれるのです♪(^-^)
小学生や女の子はもちろん、中学生の男の子もです…!
男の子というものは、ある程度の年になってくると、恥ずかしいものなのか、悲しい事に女性の先生などには、なかなかあいさつしてくれないないものだと思わるのですが…
ましてや、友達と一緒となれば、なおさらです…。
しかし、我が梨ゼミの男子塾生諸君は、そんなことなどおかまいなし!にこやかにあいさつしてくれています♪
小さいことなのかもしれませんが、なかなかできることではございません。
わたしは、そんな梨ゼミの塾生の皆さんは、すばらしいと自負しております!(えっへん(^.^))

また、在塾生のみならず、卒業生もまた、例外ではございません。

ある土曜日の出来事なのですが、仕事が終わり、某コンビニで娘と買い物をしていた時のことです。
レジで娘と梨ゼミのことを話していたら、
「梨ゼミですか?がんばってください!」
と店員さんに話かけられたのです。
「ありがとうございます。」
と、恐る恐る言うと、
「ぼくも、梨ゼミの卒業生なんです。」
と、笑って話してくれました!
実際には会ったこともないのに、梨ゼミつながりというだけでサラッとあいさつできてしまうなんて…本当にすばらしいことです!

この「あいさつ」というすばらしい習慣を…塾生達の笑顔を…守れるよう、なお一層精進しなくては!
…と心に誓う、かもみさなのでした(^-^)

保護者の皆様!梨ゼミ塾生の皆さんは、みんなすばらしい子供たちばかりです。安心して送り出してあげてくださいね♪
それでは、また来週もお会い出来るのを楽しみにしております(^-^)/

 
     


     
 
週刊かもみさ通信♪vol.5
2008/03/22

おいでやす〜♪
今週も「週刊かもみさ通信」のお時間がやってきました。(^.^)/ドモドモ
本日、都内で桜の開花宣言が出されました〜♪
いよいよ、春本番ですね!
暖かな陽光の中、皆さまごゆるりとお楽しみくださいませ。m(_ _)m

さて最近、わたくし、生徒さんより(極一部ですが…)『かもがわせんせい』を略してか、『かもせん』と呼ばれる様になりまして
 …何だか響きがビミョーと感じるのは、わたくしだけでしょうか!?
ある日、その子達に、『かもせんって松戸五中の3年5組じゃなかった?』と聞かれたのです。
何故!?っと…鳩が豆鉄砲をくらったような顔でもしたのでしょうか、笑いながら、いきさつを話してくれました。
なんでも、「3年5組 Kamogawa Misa」と書かれた手作りのブックカバーが、松戸五中の生徒会室から発見されたらしいのです。
記憶のページをめくってみたのですが、そのようなものを作った記憶は見当たりません(‥;)
しかし、私の名前はそうそうあるものではないので、きっと私がその存在を忘れたまま卒業してしまったか、寄付したものなのだと思われます…。
15年も経ってひょっこり出てきたのも、驚きですが、それを発見したのが梨ゼミの生徒さんだなんて…
なんだか、くすぐったい気分です。v(=∩_∩=)

人生においての偶然とは、なんとも不思議なものですね♪

不思議といえば…最近、岡田先生」について思うところがあるのですが…

土屋先生はもちろん、栄子先生、祥子先生、藤田先生は、15年前の私の大切な、青春の1ページに刻みこまれてる訳ですが、岡田先生はまだ、出逢ってから半年足らずなのにもかかわらず、なぜだかうん十年も前から存じ上げているような気がする今日このごろな、かもみさなのであります。(^^;)ゞ
なぜでしょう?不思議でなりません。(@_@;)
それほど、梨ゼミカラーにフィットしていたということなのでしょうか!?

前々回もお話しましたが、この岡田先生というお方は、インテリジェックな風貌をお持ちのくせに、なぜか3枚目なのでございます。
そしてなにより、『仮面ライダー』マニアときたものです。
キッズの授業では、幾度となく変身ポーズをお見掛け致しました。(-_☆)キラリ
そんなMr.岡田は子供たちから大人気なのです!V(^0^)
そして、中学生部門でも、英、数、国と受け持つ3科のスペシャリストです。
そうそう!忘れてはいけないのが、岡田先生は掃除のスペシャリストでもございます。☆
梨ゼミ一番のきれい好きなのです。(^.^)

そんなこんなで、そろそろおいとまのお時間が近づいてきてしまいましたが、今週は、たくさんの引き出しをお持ちの岡田先生のお話でした。
私かもみさは、これから先、岡田先生がどんな引き出しを開けて見せてくださるのかを楽しみに、末永くお付き合いをさせていただきたいと思うしだいでございます♪(岡田先生さえよろしければ─のお話ですが…(^^ゞ)

それでは、また来週お目に掛かれることを楽しみに、おいとまさせていただきたいと思います。
さようなら〜(^-^)/

 
     


     
 
週刊かもみさ通信♪vol.4
2008/03/15

街のあちらこちらで梅や桃の花が咲いているのを見かけます!もうすぐ春の到来ですね♪
春といえば、卒業式、入学式、エトセトラ…と、行事が盛り沢山!
『お式何着ていこうかしら?』などと悩んでいるお母様も多々いらっしゃるのではないかと思います(^^ゞ
特に、最近のお子さんはなかなかお目が肥えてるようでして、チェックが厳しいですからね(^^ゞ

そこはさておき、我が子の卒業式はとても感慨深いもので、涙なしでは語れないですよね!
私も娘の卒業式…もとい!卒園式(しかまだ体験ないので(*_*))は涙三昧でございました。
娘の晴れ姿をいつまでも…と張り切って用意していったビデオカメラには、卒業(園?)証書を受け取る我が娘の立派な姿が映っている…

…はずだったのですが、撮影者(もちろんわたくしですが)の鼻水を啜る音がズルズル…涙をしゃくりあげるたびに小刻みに揺れる画面(業界用語?ではまさしく手ブレ)
とても公開できる代物ではございません(T_T)…残念!!(古っ(^^ゞ)

くだらない私事ばかり申してしまいましたが、「涙」と言えば!忘れてはならないのが、我が梨ゼミの塾長『土屋先生』です。
── 授業中に長文を訳しながらウルウル(T^T) 思い出話でホロホロ (。・_・。)
そんな土屋先生を目撃した塾生の皆さんも少なくはないのではないでしょうか!?(^^ゞ
(ちなみに、歳のせいではありません。昔からなのです。)

そんな土屋先生はまた、怒る事でも天下一品(?)です。
私も、かつて幾度となく涙したものでした。。゛(/><)/ ヒィ〜
『チクショー!』
と何度思ったことか…
しかし、それが先生の熱意だと気付くまでは時間がかかるものなのですよね。

先日、梨ゼミには受験を終えて、わざわざご挨拶にお越し下さった保護者の方々が、大勢いらっしゃいました。
皆様、お喜びのご報告の中、極一部の惜しくも第一志望には届かなかったご家族と生徒さんを見送る土屋先生…
車が見えなくなるまで頭を下げていたその姿を、たまたま見掛けてしまった私は、鼻の奥がツンといたしました(・_・、)
きっと、土屋先生の中で、後悔や反省が渦巻いていたのではないかと思われます。
20年間、そうして生徒さんを送り出してきた土屋先生は、きっと、誰よりも塾生の事を想っているに違いありません。
子供達に辛い思いをさせたくない、笑顔で梨ゼミを旅立ってほしい…
そんな願いが「熱い土屋先生」を作り出すのです。

この先、先生に怒られて、しょんぼり帰って来ることがあるかも知れません。そんなときは、何くわぬ顔で出迎えてあげてみてください(^-^)
ダブルパンチは結構効きますからね((((((^_^;)
私も、親の知らないふりには、随分助かったものでした(^^ゞ

そんなわけで、今週の『かもみさ通信』は「涙」をテーマにお送りいたしました(^.^)/
お名残惜しゅうございますが、この辺でおいとまとさせて頂きたいと思います。
それでは皆さま、ごきげんよう♪

 
     


     
 
週刊かもみさ通信♪vol.3
2008/03/08

お久しぶり(?)です♪
先週は休講のためお送りできなかった「かもみさ通信」ですが楽しみにして下さっている皆さま(いらっしゃる事を信じて…(^^ゞ)に、また今週から配信させて頂きますので、どうぞご賞味下さいませ★彡

さて、梨ゼミは2月25日から休講に突入だったのですが、この5日間の休講こそが新年度準備の大事な期間なのでした!
年末は冬期講習などでなかなか時間が取れないため、軽い掃除で終わってしまうので(T_T)、ここではりきって大掃除なのです♪
それだけではありません!(;^_^A
塾生たちが勉強しやすいように、教室の全蛍光灯の交換、そして、外の電球交換も自分達でやるのです(^.^)b…と、得意気に言ってしまいましたが、交換してくれたのは、前回も話題になった藤田先生です!
外の看板の電球交換に至ってはとても危険作業です。゛(/><)/
他の講師達や私のハラハラ、ドキドキな気持ちをよそに、見事な手捌きで交換終了です!
インテリジェント岡田先生とパワ−系北山先生もステキな下駄箱新設と…我がゼミの講師は授業だけじゃなく、こういう事もサラっとこなしてしまうのですっ!(スゴイ(^O^))
サッパリ、スッキリした教室に真新しい教材が届き、準備万端になるとともに、私たちの気持ちも、新年度に向け、一致団結とあいなりました♪

そして、3月3日…
いよいよ新年度スタートとなりました!
現中3年生が当塾卒業となり、少し寂しい感じはするのですが(>_<)、皆様の暖かい応援のお陰で、新規入塾生がたくさん梨ゼミにやってくる事になり、顔触れも新しく、講師一同やる気にみちております!
ぜひぜひ!梨ゼミでの事をご家庭で話題にしてみて下さい♪
講師達の意外な裏話がきけるかも知れません!(^^)

誰とは、はっきりいえませんが、O先生は実は、お笑い担当らしい…など(^^ゞ

新たな学年になるとともに、不安や悩み事もでてくる事だと思います。どんな些細な事でも結構です。メールや電話などで、いつでもご気楽にご相談下さいね♪

『ひとりひとりのすぐそばに…』をモットーに、皆さまのご期待に応えれる様、日々努力して参ります!
o(^o^)o

 
     


     
 
週刊かもみさ通信♪vol.2
2008/02/23

2月も終わりに近付き、日溜まりでは春を感じさせてくれる暖かな日も訪れるようになりましたね。
間もなく、南からの桜の便りも届くことでしょう♪

さて、そんな春を迎えようとしているこの時期、梨ゼミでは新年度準備のため、大忙しの毎日です。(;^_^A
私が入社(入塾?)した去年の暮れから、新年度の時間割作成、入会案内パンフレットの変更、新中1説明会やプレ・ジュニアハイスクールの準備、キッズクラブのシステム変更とその説明会(積雪で流れてしまいましたが…)の準備、年間予定表作成、等々…
その合間にも、冬期講習や定期テスト直前対策ゼミなど、講師全員目の回るような忙しさで、一息入れる暇もありません。(;^_^A

そんな大変な仕事の中でも一番大変なのが、送迎車のシフト作りなんです。

『この子が○○時に塾に到着するためには××時に迎えに行って…』
『この子の次にはここを通ってあの子の家に行って…』
『定員が△△人だから、この子は別の車で…』
『あの道は細いから小さい方の車で…』
…というふうに、色々な条件がゴチャゴチャに絡み合っていて、私には、もう訳がわかりません!(T.T)
同じ場所を周回しているだけならそうでもないのでしょうが、「ドア to ドア」の実現は本当に大変なんです。

そんな、送迎車のシフトを見事に作ってしまうのが藤田先生です!
送迎シフト責任者の彼ですが、何でも、この年度変わりの時期には、何日か徹夜することもあるとか…。ただでさえスリムな彼が、骨と皮だけにならないか、とても心配です。(;^_^A
さらには新規入塾生が出た場合は、授業の後の深夜に、わざわざ下見に行ったりもしています。
夜中、藤田先生が梨ゼミの送迎車で、皆さんのお家の周りを表札を見ながらウロウロしていても、怪しまないであげて下さいね!(;^_^A

現在、実に全塾生の8割以上(!)が送迎車を利用しているとのこと。
まさに、送迎は「梨ゼミの大動脈」なんです!
そして、大型免許を持っている私(えっへん!(^^ゞ)も、新導入15人乗りマイクロバスの5号車で、この「大動脈」の一環を担っているのです♪

最後に、次回の「かもみさ通信」ですが、来週の土曜日が準備休校中のため、再来週の3月8日(土)配信になります。
お楽しみに♪(^^)

 
     


     
 
週刊かもみさ通信♪vol.1
2008/02/16

去年の暮れに梨ゼミ講師の仲間入りをしました「かもみさ」こと、鴨川希彩(かもがわみさ)と申し ます。
はじめまして! よろしくお願いいたします。m(_ _)m
本日から毎週土曜日に「週刊かもみさ通信!」と題したメールマガジンを配信させて頂くことになりました。
ご愛読頂けたら嬉しいです!(*^^*)

まずは自己紹介させて頂きます。(^^ゞ
現在小学校3年生の女の子(梨ゼミ生です!(^^ゞ)の母で、1977年生まれの○○歳、実は中学生の時 、私も梨ゼミ生でした。
一つ下の後輩には現在梨ゼミ講師の藤田先生も一緒に梨ゼミで学んでいました。
代表の土屋先生には、いつも怒られていました。(;^_^A
出来の悪い塾生でしたが、お陰様で、志望高校に合格することが出来ました。
土屋先生を始め、当時の梨ゼミの先生方には本当に感謝しています。

メルマガ第1回目の今回は、梨ゼミの授業についてお話しさせて頂きます。
少々長くなるかも知れませんが、お付き合い下さいね!(^^ゞ

そろそろ春を迎え、別れの季節になってきました。
現中3の卒業塾生を除き、ほとんどの塾生がそのまま進級しますが、この時期、残念ですが退会する 塾生も一部存在します。

こんなお話しを耳にしました。
ある中学生の「元」塾生が梨ゼミを退会し、その後すぐに、ある個別指導塾へ入会したそうです。
その子が、お友だちに、こう話したとのことです。
『新しい塾の先生、教え方が下手で全然分かんない。別の塾に行って、梨ゼミの授業がすごく分かり やすいことに気づいた…。』

良く分かります…

実は私も中学時代、梨ゼミに入る前、最初は駅前にある大手進学塾の「市○予備校」(伏せ字になっ てませんね!(;^_^A)に行っていました。
そこには1年ほど在籍しましたが、思うように成績が上がらず、友達に紹介されて梨ゼミに入会しま した。
そこで感じたのは、授業の分かりやすさと、先生の「やる気」です!
学校や市○では、「どうしてそうなるのか…」をハッキリとは教えてくれませんでしたが、梨ゼミで は、一つ一つのポイントを押さえながら、ていねいに教えてくれました。
そして、一番驚いたのが板書です!
今までは黒板に白いチョーク一色で、たまにせいぜい赤が加わる程度でしたが、梨ゼミではホワイト ボードに黒、赤、青、緑、オレンジ…ととてもカラフルで、すごく分かりやすかったことを覚えてい ます。
本屋さんで参考書を買う時、黒一色のものは選ばないですよね?見るからに分かりづらいですよね?
板書も同じだと思います。
お陰で特に英語の成績がぐんぐん上がり、志望校に合格することが出来ました!

そのことを最近土屋先生に聞いたら、『どう説明すれば、どんな色を使ってどう板書をすれば少しでも分かりやすいか、今でも研究している…』とのことでした。
もう、20年も教えているのに…(!)

皆さんも一度、お子様のノートを見てみて下さい!
カラフルな色や矢印を使って、『少しでも分かりやすく教えてあげたい…』という梨ゼミの先生の優 しさを感じ取って頂けると思います。

その他塾に行った子が、手遅れにならないうちに、梨ゼミに戻って来てくれることを願っています。
私の知る限り、梨ゼミをやめて他塾に行って成績の上がった子はいないからです。
本人にとっては、『今さら戻りづらい…』と思っているでしょうが、梨ゼミの先生たちは、み〜んな 絶対に大歓迎してくれるはずです!!(^^)

初回なので気合いが入ってしまい、長くなってしまいました!(;^_^A
お付き合い頂き、本当にありがとうございました!
これからも末永く、よろしくお願いいたします! m(_ _)m

 
     


 
前ページTOPページ次ページHOMEページ
 

- Topics Board -
- Designed by ma-me.net -

COOLPLATE Ver.1.0